2015年07月29日

お食い初め

チビ助のお食い初めをおこないました

お食い初めは、生後100日(地域によっては120日)前後に赤ちゃんが一生食べ物に困らないように願う伝統的な儀式。

鯛などの尾頭つきの焼き魚、煮物、香の物、汁、赤飯の一汁三菜を
祝い膳として用意するとのこと。

本来は、自分で準備をするところですが、、、
全てを準備するのは大変そうだったので「お食い初めセット」をお取り寄せしてみました

1キロの伊勢志摩・鳥羽の鯛、縁起物の料理に
伊勢神宮でご祈祷した祝い箸と歯固めの石もセットになっていました。

セットになっている料理は、、、

シワが出来るまで長生きになれるようにと梅干し
経済の安定を意味する栗の羊羹
良い伴侶に出会うようにはまぐりの吸い物 などなど

ひとつひとつの料理の意味が書かれた説明書がついていましたよ。

このような伝統的な儀式は、しっかりおこないたいけれど、
調べたり、準備するのは大変。。。
なので、こんなお取り寄せもありかなって思っています

image.jpg
ラベル:子育て ママ
posted by とも at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

妊婦さん必需品=限度額適用認定証の話


破水から27時間
帝王切開も検討された中、なんとか自然分娩での出産が終え、病院のベッドでブログを書いています。

帝王切開率を調べてみたところ、
平成23年データで19.2%と年々増えて来ているとのこと。

帝王切開になった時や陣痛促進剤を使用した時など、出産時に健康保険適用の治療をおこなった場合には
高額療養費の制度が適応になる可能性があります。

そこで、妊婦さんには高額療養費の「限度額適用認定証」の事前取得をオススメしています

高額療養費とは、1ヵ月にかかる医療費が一定額(自己負担限度額)以上になると、超えた分が健康保険から払い戻される制度です。

この制度は、ご存知の方が多いですよね。

ただ、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。

そこで、保険証と併せて「限度額適用認定証」を医療機関等の窓口に提示すると、窓口での支払いが自己負担限度額までで済むんです

後から払い戻しの手続きをする必要もないので、便利ですよね。

この「限度額適用認定証」は、国民健康保険の方は市役所または、区役所。健康保険の方は職場で事前に申請をすることで取得できますので、妊婦さんは早めに申請をして取得しておきたいですね。

もちろん私も事前に取得しておきましたよ

image.jpg
posted by とも at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

妊婦健診費用補助券比較 藤沢・茅ヶ崎


出産予定日だというのに、全く兆候なくホームページの微修正なんぞしている妊婦FPです。

さて、ホームページに近隣の子育て行政サービス比較ページを作りました

例えば、妊娠をした場合に病院で受ける「妊婦健診

自治体から健診費用の補助があることは知っているかと思いますが、
その補助内容は、自治体によってかなり異なります。

例えば、藤沢と茅ヶ崎を比較すると、、、

【藤沢市】14回
医療機関専用券10,000円2回目から14回目まで5,000円
(助産所で受診する場合は4,000円)

茅ヶ崎市】14回
医療機関専用券12,000円2回目から14回目まで3,000円

という感じ。
私が通っている病院の通常健診では、藤沢市民は会計不要ですが、
茅ヶ崎市民は1800円の自己負担が発生します。

13回分となると大きな差になりますよね

ホームページには、藤沢、茅ヶ崎、平塚、鎌倉の比較を載せましたので、
湘南で住まいを探している子育て世代の方に参考にしていただければと思っています。

ホームページはこちら
湘南・茅ヶ崎の家計コーチ

image.jpg
posted by とも at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。